YUKI婚サルタント 結婚相談所 婚活・成婚の秘訣 東京・新宿

お金の話・本当に結婚したいなら

今の若い方には、信じられない話なのではないかと思いますが、

私たちの若い頃は、デート代金など男性が出すのが当たり前だったのですね。

昔は、CMでもありましたように婚約指輪は、お給料の3倍などと言って

3倍どころか、男性は奮発して、高価なダイヤモンドの指輪を

女性に贈る人が大勢いました。付き合っている女性には

車で送り迎えするのも、当たり前のようにされていました。

記念日にも忘れずに、プレゼント。

とにかく、至れりつくせりされていた女性が多かったです。

現代では、世の中があまり余裕がなく、共働き世帯が多いですから

お金のことには、皆シビアな考えのようです。

将来のことを考えたら、贅沢はなるべく避けて行こうという考えがあったり、

結婚前のデート代金は、割り勘するのが当たり前のようです。

昔は、本当に男性の負担が多かったのだと、感じます。

でも、そういう風に、金銭を負担することによって男性は女性を守っていかなければならないと、

男らしくなって、リーダーシップをとる姿勢が養われたことも

あったのではないのかな・・と感じます。

昔は、男性がお金をデート代金を負担するために、仕事やアルバイトにも精を出している人が多く、

何にでも全力投球だったので、今、中年になっている人たちも

全般的に、エネルギー高めであり、元気で若い人が多いのではないでしょうか?

私自身も、同じころの年齢ですが、まだまだ頑張って人生を歩んでいきたいと思っているところです。

昔と今の、デート代金の払い方については、違いがありますが

今の若い人たちの、堅実な考え方には、学ぶべきものがあるし、

比べると、

昔、負担してもらっていた側からすると、ありがたかったことなのかもしれません。

でも、今の状況を考えると、

それは、決して当たり前のことではなかったのだと、

感謝しなければいけないことなのだと反省しました。

比べるものが出たことによって、出てきた考えですね。。

その考え方を大切に、

老後まで、安定して生活できる人生設計を立てて、タガを締めて行かなければならないと

若い人を見習っています。

また一方では、

昔の男性たちは、女性に対して本当に大事にしてくれていましたので、

思い出すと、多少のマイナスは帳消しになるくらいの威力を発揮するのは確かですので、

今の婚活している皆様も

全部とはいかないかもしれませんが、結婚前の女性には

心を尽くしていただければ、ご自分に悪いことには決してならないだろう。と思います。

せめて結婚前くらいは、出し惜しみなく女性に接していただいて

女性を喜ばせていただき、お互いにハッピーになってくださいね。

そうすれば、

ステキな女性をゲットできる率が高くなると思いますよ!

結婚前から、お金に堅い人は、ちょっと、柔軟性もなくて

結婚相手には、ちょっと厳しいです。やはり、楽しい結婚生活を長く続けるコツは

余裕=遊びの部分を忘れないということだと思いうのです。

そうしないと、お互いに疲れてしまいますよね。。そう思いませんか?